AHC TRPG サークル アナタのハートにクリティカル



AHC本部へのご案内
TRPG倶楽部「アナタのハートにクリティカル」は、独自SNSである「AHCSNS」を本部として日々活動しています。
 本倶楽部の活動にご興味のある方は、こちらのAHCSNSまでお越しください。
 AHCSNSは招待制でもありませんから、どうぞご自由に、そしてお気軽に入会してください。



AHCの同人誌♪
ローゼンメイデンSWリプレイ AHCとして刊行したリプレイなどの同人誌です。コミケ等で出展した他、メンバー向けに頒布も行っています。
詳しくはこちら!















犯人はこの中にいる!ロゴ

 ◆プレイ人数 3~8人用 ◆プレイ時間 約20分
 ◆対象年齢 9歳~
 ◆ルールデザイン:松尾直樹

 通信販売受付中です。詳しくはこちらをご覧下さい!

 タイトルやデザインは一見推理系ゲームっぽいですが、最近推理系ゲームが流行り過ぎている気がしてまして、そのアンチテーゼとしてデザインしたゲームです(推理系ゲームはもちろん、大好物なんですけど!)。
 なので、犯人を押しつけ合うゲーム性推理小説のストーリー展開をイメージしたゲームです。

 各プレイヤーには、国籍、性別、体格の3つの特徴を持ったキャラクターカードが割り当てられます。
 イベントカード、探偵カード、トリックカード、様々なストーリーカードを駆使しながら、犯人の特徴を決めていき、他のプレイヤーのキャラクターが犯人になるように陥れていきます。
 自分は【日本人】【男性】【小柄】なので真反対の特徴が犯人だと言い張ろうと思っていたのに、他のプレイヤーの陰謀によって、いつの間にか自分が犯人の特徴と一致してる!?
 自分とは違う特徴の犯人像を作り上げ、他人に犯人を押しつけて犯人に仕立て上げてしまおう!


 逆転につぐ逆転があるまさに「推理小説のストーリー展開」なゲームです。
 最後まで諦めず、面白いストーリーを紡ぎながら得点をかせいでください。
 1ゲームが短い時間で終わるので、トータルで得点を競う連続ゲームがオススメです。

★ゲームマーケット特典!

 小林未郁[こばやしみか]さんが歌う、本作のイメージテーマ曲「虚実迷走」を含む3曲を収録したCDが限定特典として、本作に付きます。
 
 「犯人はこの中にいる!」のために書き下ろされた限定CDです!


●小林未郁[こばやしみか]
 ピアノ弾き語りでライブ活動を行う、シンガーソングライター。
 ボーカリストとしても高い評価を受け、NHN連続テレビ小説「まれ」、UCCフルスロットルCMソング、ゲーム「FINAL FANTASY XI」ED、アニメ「進撃の巨人」「ガンダムUC」「アルドノアゼロ」「七つの大罪」「ギルティクラウン」「青のエクソシスト」、テレビドラマ「医龍3」、映画「プラチナデータ」など多数サウンドトラックに参加。

★小林未郁さんの公式サイトはこちら


【探偵カード「行動力」についてのルール改訂】
 探偵カード「行動力」を無制限に使用出来てしまった場合、一人の手札が大きく膨らみ、ゲームバランスを崩し易いため、下記のようなルールを追加して遊んで下さい。

 探偵カード「行動力」は、手札が6枚以上の時には使用出来ない。

【ゲームの終了パターンについてのルール改訂】
 山札が無くなった場合の処理について、場にゲーム続行に必要な人数-1点分の積点を出すかどうか、全員で話し合って分担して決めるという手順は、遊びにくいという指摘がありましたので、新ルールを作りました。よろしければ、下記の手順を採用して下さい。

・山札が無くなったパターン
 山札が無くなった場合、そのプレイヤーの手番で一旦、ゲームを中断します。
 次の手番のプレイヤーから順番に、ゲームを続行したいか判断し、続行したければ、積点を置きます。
 1週廻ってゲーム続行判断で積み足した積点の合計がプレイヤー数-1点分(すなわちプレイヤーが4人であれば、3点)分を超えた場合、ゲーム続行となります。
 その場合は、捨て札をシャッフルし、再び山札を作り、次の手番のプレイヤーからゲームを再開して下さい。

【Q&A】
Q1:イベントカード「意外な展開」のカードを引く順番が良く分かりません。
A1:まず、使用プレイヤーが手番の順番と逆回りのプレイヤーから1枚カードを引き、手札に加えます。
 次に次の手番プレイヤーが、加えた使用プレイヤーの手札からカードを1枚引きます。
 その次は、次の次の手番プレイヤーが次のプレイヤーから・・・、というような手順で引いて下さい。
 最初にカードを奪われたプレイヤーは、次に引くのではなく、最後に引くプレイヤーとなります。
 トランプゲームのババ抜きと同じと言ったら分かり易いかもしれません。
 この手順では、奪われた自分のカードが1周することもあります。

Q2:探偵カード「行動力」カード使用の際に積点を置く必要はありますか?
A2:必要ありません。
 「行動力」はカードを使用しているため、パスではありません。
 積点はあくまで、手札が4枚以上でパスする際に使用した場合に発生します。

Q3:トリックカード「アリバイ」「叙述」が「推理力」で効果無効とされました。続けて「アリバイ」「叙述」を出す事は出来ますか?
A3:出来ます。
 自分だけではなく、他のプレイヤーからも、出す事が出来ます。
 また、それを続けてもう一枚の「推理力」で無効にする事も出来ます。
 使用出来るタイミングであれば、何枚でもカードを使用出来ます。
 例えば、「変装」を「推理力」で無効にされても、続けてもう一枚所持している「変装」を使用することが出来ます。

Q4:トリックカード「変装」を他プレイヤーが別のプレイヤーの手番前に割り込んで「変装」を使用し、結果自分のキャラクターが3つの犯人特徴と合致してしまった場合、そのタイミングで「変装」を使用する事は出来ますか?
A4:出来ます。
 Q3と同様、使用条件に合致している状態であれば、何枚でもカードを使用する事が出来ます。

Q5:得点カード「犯人はお前だ!!」を自分に使用する事は出来ますか?
Q5:出来ます。
 その場合は、得点と積点を奪って自分が得ることになるので、結局得点が移動せずに1ゲーム終了する事になります。
 有効な防御カードが無く、緊急回避的にゲームを終了させたい時、特に連続ゲームの4ゲーム目にトップ目が逃げ切りを決めたい時等に、有効な一手です。

Q6:積点についてよく分からないので説明お願いします。
A6:積点とは失点が確定していない状態の点数で、他プレイヤーに得点カードを使用された際に、通常の点数に加えて奪われる点数の事です。
 持ち点とは別に分かり易くするために、人物カードの上ないしは人物カードの前に置いて下さい。
 本ゲームは、カードを貯め込んだ方が有利になり易いため、ペナルティ無くパスが出来ると、ゲームが進みません。  そのため、カードを貯め込んでパスをすると、得点を失うリスクが発生する積点というルールでバランスを取りました。
 その他、得点順位を勝敗とする本ゲームにおいては、積点は、誰を狙うか?いつ「犯人はこの中にいる!」を使用すべきか?といったゲーム戦略の幅を広げる事に寄与しています。
 積点の発生する方法は、3つあります。

①4枚以上手札を残す状態でパスをする毎に1点
②「犯人はこの中にいる!」使用時に合致している特徴分の点数
③ゲーム続行判断の際に、ゲーム続行を希望するプレイヤーの任意点数


 です。
 積点の効果的なコントロールは、本ゲーム勝利の肝となります。

Q7:トリックカード「隠ぺい」を使用して、他のプレイヤーの積点を奪えますか?
A7:奪えません。トリックカード「隠ぺい」は、積点をおいているプレイヤーの積点を元の得点に戻すだけの効果なので、他プレイヤーに使用した場合、他プレイヤーの積点が、その他プレイヤーの得点に戻るだけです。
 基本は、溜まってしまった自分の積点を戻すために使用するのが、効果的です。
 それ以外にも、得点が減っているプレイヤーに積点が多くあり「犯人はお前だ!!」によって得点が無くなってゲームが終わってしまうケースや、自分が他プレイヤーと7点差があるトップの場合、他プレイヤーが自分を「犯人はお前だ!!」指定しない限り、逆転が出来ないようにするといった、点数マネジメントに使用する事も出来るように他プレイヤーへの使用も可としました。上手に使用して1位を狙って下さい。
 やや地味な効果の「隠ぺい」ですが拡張セット「真犯人はお前だ!!」では、積点がより溜まり易くなるため、本カードがより意味のあるものになります。


 トップへ先頭へ同人誌リプレイエッセイブログゲストブックリンク |Copyright(C) 2005 AHC. All rights reserved.